SL「やまぐち」号及びDL「やまぐち」号牽引機関車の変更について

0
    西日本旅客鉄道株式会社広島支社より下記のとおりSL「やまぐち」号に関するお知らせがありました。

     記
     

    SL「やまぐち」号及びDL「やまぐち」号牽引機関車の変更について

     平成26年7月5日(土)より山口線(新山口駅〜地福駅間)を運行するSL「やまぐち」号及びDL「やまぐち」号は、蒸気機関車C57−1号機を連結させ、レトロ客車(5両)を牽引していますが、平成26年7月13日(日)に蒸気機関車C57−1号機の不具合が発生しました。

    これにより、平成26年7月19日(土)から当分の間は、ディーゼル機関車(DD51)で、レトロ客車(5両)を牽引する快速列車として運転します。

     SL「やまぐち」号(C57−1号機)の運転を楽しみにされているお客様やファンの皆様には、多大なご迷惑をお掛けしますことを深くお詫び申し上げます。

    お問合せ先
    西日本旅客鉄道株式会社広島支社 
    TEL 082-264-7420
     


    SL「やまぐち」号が夏の運行のために山口に帰ってきました

    0
      7月5日(土)からSL「やまぐち」号が運行します。
      現在、地福〜津和野間が不通であることから、全線復旧までの間は、新山口駅から地福駅間での運転です。
      点検を終え、スタイル抜群で貴婦人の愛称のあるC57形1号機が、さらに美しくなって山口へ帰ってきました。
      まだ席に余裕がありますので、ぜひ、ご乗車ください
      ※一部、新聞報道で7月5日は駅でイベント予定とありましたが、関係機関に確認した結果、イベント実施はありません。
       ご了承ください。
       

      SL「やまぐち」号の魅力について

      0

         SLがけん引するレトロ客車は、5両それぞれ内装が違い、それぞれの客車でレトロな旅を楽しむことができます。
         
        1号車は展望車風

        2号車は欧風
        3号車は昭和風

        4号車は明治風


        5号車は大正風となっています。 


        ■ご乗車の楽しみ
         
        ○新山口駅
         SLは、10時25分ごろホームに入線します。
         発車までの20分間は、記念撮影タイム♪





        出発の時、駅員さんが整列して手を振ってくれる光景はSL「やまぐち」号ならでは♪ 



        峠越え
         山口駅−仁保駅間の峠越えは、山口線ならではのだいご味。25/1000の急勾配を力強く登ります。平地と坂道では、機関車の発する音の早さや力強さが違います♪



        (写真はSLやまぐち地域振興会 吉永氏提供)


        ○仁保駅(往路のみ停車)
         約5分停車。機関士さんたちが石炭を積み直したり、給水したりするお仕事ぶりを見学したり、記念撮影したりできます。



        ○地福駅(終点)
         SLと記念撮影が十分にできます。

        ○津和野駅
         地福駅〜津和野駅間は、無料アクセスバス「津和野散策号」が運行しており、津和野観光を楽しめます。


        ○沿線観光地
         湯田温泉、国宝瑠璃光寺五重塔、サビエル記念聖堂、雪舟庭、長門峡、
        太皷谷稲成神社など、観光スポットもいっぱいです。

        ○SLに乗ったら手を振ろう!
         SLに乗ると沿線から多くの人が手を振ってくれます。


        旅行雑誌等へのSL「やまぐち」号の記事に協力します♪

        0

          全国各地の地域情報紙や、旅行雑誌の編集者の方から、「SL「やまぐち」号の特集記事を書くのだけど、写真提供は頂けますか? 概要資料を送ってもらえますか?」などのお問合せをいただくことがあります。

          もちろん!喜んで!

          貴重な誌面をSL「やまぐち」号にあてていただき、スタッフ一同、感謝、感謝です。

          SL「やまぐち」号の写真(JR西日本さんの許可が必要な場合もあります)の他、SL「やまぐち」号の概要データ、沿線観光地の写真等についても、可能な限り対応いたしております。

          できあがった記事などを山口線SL運行対策協議会に頂けるとスタッフ一同、”幸せます”。 ← 山口の方言です。

          お問合せ、お待ちしております。

          電話:083−933−3170
          山口線SL運行対策協議会(山口県観光振興課内)
          〒753−8501 山口市滝町1−1

          【次の文面、記事などにご利用ください】 

          レトロ客車が人気のSL「やまぐち」号は、新山口駅から津和野駅までを約2時間かけて走ります。沿線には、湯田温泉、国宝瑠璃光寺五重塔、長門峡、観光農園、太皷谷稲成神社など、見どころ観光地がいっぱいです。山口駅から仁保駅へ向かう途中の「峠越え」は、SL「やまぐち」号の一番の見せ場。急な上り坂をSLが力強く登っていきます。復活記念日や最終運行日には、駅や車内でイベントを開催します。


          2013年 SL「やまぐち」号の運行計画!

          0
            ○運行区間
              新山口駅−津和野駅(1日1往復)
              ※約63kmの区間を約2時間で走ります。

            〇運行日
             5月3日(金・祝)〜11月3日(日)の土日・祝日、ゴールデンウィーク、夏休みを中心に、70日間運転します。

             ※運転計画の詳細については、JR西日本のHPをご覧ください。
             http://www.westjr.co.jp/press/article/2013/01/page_3151.html

            ○時刻表 
             往路  新山口駅発 10:48 → 津和野駅着 12:58
              (途中の8つの駅でも乗降できます。)

             復路 津和野駅発 15:19 → 新山口駅着17:04
              (途中の6つの駅でも乗降できます。復路は、地福駅、仁保駅には停車しません。)

            ○ご予約
             全席指定。1ヶ月前の10時から主なJRのみどりの窓口などで発売します。乗車券・指定席券のご購入は、JR「みどりの窓口」または電話予約0088−24−5489(受付時間8時〜22時)へ。
            (新山口駅−津和野駅間ですと、大人1名片道1,620円) 

            ○使用機材
             5月3日〜9月1日の運行日は、C571形1号機(貴婦人号)、9月7日〜11月3日の運行日は、C56形160号機(ポニー)とDD51形機で運行します。 ※2013年は、重連運転はありません。
             
            ○今年は、地福駅でも15分停車します。(往路のみ)
             「SLと記念撮影したい!」とのお客様からのご要望に応じ、津和野行きの途中、地福駅で15分停車することになりました。
              
            ○SL展示
             ご好評いただいております、JR新山口駅SLひろばでの「SL展示」については、夏休み期間中、5回行います。

             【実施日】 ※予定
              7月22日(月)、29日(月)、8月5日(月)、19日(月)、26日(月)の9時40分頃〜11時

             【SL展示日の楽しみ方】
             なんと! 運転日には入れないSLの運転席に入って、石炭をくべたり、汽笛を鳴らしてみたり、機関士さんとお話したりできます。
            昨年のSL展示日の様子です。SLの運転席で記念撮影。素敵でしょ?



            SLの運転席で記念撮影!



            石炭をSLの窯へ投入! えいほっ!

            ○記念イベント(予定)
             運転初日となる5月3日、SL「やまぐち」号の復活記念日の8月1日、最終運転日の11月3日にはイベントを予定しています。
            また、SLフェアは、11月4日の予定です。
            ※イベントの詳細は決まり次第、お知らせします。

            ○SL「やまぐち」号は、毎回出発時には、こうして駅員の皆さんがホームに整列して見送ってくれる、ステキな観光列車です。

            山口県外から来県予定のお客様へ♪

            0
              SL「やまぐち」号パンフレットと、沿線観光地のパンフレットを送付します。山口県や津和野へのご旅行の計画にお役立てください。

              ファックス、Eメール、はがき等で、お届け先のご住所をご連絡ください。

              【連絡先】 
              〒753−8501 山口市滝町1−1 
              山口県観光振興課内 山口線SL運行対策協議会

              FAX 083−933−3179
              メール a16200@pref.yamaguchi.lg.jp

              【送付物の一例】
              山口県観光ガイドマップ(山口県の地図付き)、湯めぐりマップ、
              山口市、萩市、津和野町の観光パンフレットほか

              これは、山口県のイベントガイドブック。
              (株)おいでませ山口県の島耕作社長が登場する最新号が完成しました♪



              やまぐち観光ガイドマップ
              もーっと大きく開くと山口県内の観光地がわかる地図になっています。


              SL「やまぐち」号の平成25年パンフレット完成。


              沿線の観光情報などを知りたいという場合、次のサイトがお役に立ちます。

              ◆ ひとのくに山口ファンクラブ
               入会すると、山口県内の宿泊施設・レンタカー​・美術館などの協賛施設で、利用料金の割引などの特典があります。山口県にお越しの前に、ぜひ一度ごらんください。Web会員は、年会費無料です。
              http://hito.pref.yamaguchi.lg.jp/fanclub/index.html

              ■SLやまぐち号出発の地 山口市の観光情報なら、こちら!
               山口市観光情報サイト「西の京やまぐち」 
              http://yamaguchi-city.jp/


              ■山口市の湯田温泉の情報なら、こちらもええよ!
               湯田温泉旅館協同組合のHP  
              http://www.yudaonsen.com/

              ■沿線 阿東町の情報なら、こちら!
               あっとほーむ あとう http://www.ato-town.com/
               阿東は、りんご、ぶどう、なしと、果物が有名。
               8月後半から、いよいよ、観光農園のシーズン到来!

              ■SLやまぐち号到着の地 津和野町の観光情報なら、こちら!
               津和野町観光協会HP http://www.tsuwano.ne.jp/kanko/

              ■明治維新の地、萩(はぎ)市も巡るよ!というあなた!萩市の観光情報なら、こちら! 
               萩市観光協会 http://www.hagishi.com/
               ちなみに、津和野から萩への移動手段は、
              ー家用車にて約1時間(島根県道13号⇒国道315号⇒山口県道11号 経由) 
              ∨苗好丱垢砲凸1時間40分(2,130円)
              JRにて約2時間30分(益田駅山陰本線経由 1,620円)です。

              ■山口県全般の観光情報が知りたい場合は、このサイト!
               温泉情報も、フルーツ狩り情報も、現地情報もおまかせ!
               http://www.oidemase.or.jp/

              2013年版SLパンフレット完成!!

              0

                 2013年版SL「やまぐち」号パンフレットとお子様向けSLこどもパンフレットが完成!!
                 ぜひ、SL「やまぐち」号に乗りに来て下さい!!
                 今年の運行は、5月3日(金)スタートです☆


                2012年 最終運行日のSL「やまぐち」号

                0
                  2012年の最終運行日となった11月17日(日)… 

                  ◆往路の湯田温泉駅では、ゆう太くんと旅館の支配人さんや女将さん、皆様がお見送り。 湯田温泉は、白狐がみつけた温泉。ゆう太くんが乗客みんなに見えるようにホームを走りまわるものだから、車内で歓声があがりました。



                  ◆津和野駅では、石見神楽が迫力の演舞でお出迎え。

                   
                   

                  ◆SL車内からも、しっかり見えましたよ〜
                   復路の津和野の情景。



                  これで津和野を見納めという地点に来ると、SLは思いっきり汽笛を鳴らします。別れを惜しんで。感謝を込めて。
                  津和野に冬がやってきます。さぁ、初詣の準備!



                  長門峡駅でも、観光バスが何台も停車して、たくさんの観光客の皆様がSLに手を振ってくださいました。

                  今年の運行は無事終了いたしました。ご乗車の皆様、沿線の皆様、運行を支えてくださった皆様、本当にありがとうございました。

                  ※このHPでは、この後もSL関連情報を随時お知らせしていきますから、お見逃しなく!

                  ※C571号機「貴婦人」は、点検整備のため、しばし山口を離れます。


                  山口県にはこんな観光列車もあるよ!

                  0

                    山口県には、SL「やまぐち」号以外にも楽しい観光列車があるよ!

                    ◆山陰観光列車「みすゞ潮彩」
                     JR下関駅(下関市)−JR仙崎駅(長門市)間を運行しているよ。三角や階段型の窓など車体はアールデコ調!





                    海側に向けて設置された指定席。車窓から日本海の眺めを満喫できるよ。

                    詳しくは、「みすゞ潮彩HP」で!
                    http://www.city.shimonoseki.yamaguchi.jp/kanko/chousyuuji/kankouressya/

                    ◆錦川清流線&とことこトレイン
                     岩国駅(岩国市)−錦町駅(岩国市)を運行しているよ。
                     錦帯橋がかかる錦川に沿って走るよ。


                    車両は4種類!


                    とことこトレインは、錦町駅(岩国市)−雙津峡温泉(岩国市)までの約6キロ、鉄道が走る予定だった跡地を利用して走る観光用のトロッコ遊覧車。光る蛍光石で装飾がされた「きらら夢トンネル」内は、幻想的な世界!



                    とことこトレインのチケットを地底王国「美川ムーバレー」の入場窓口に提示すると入場料200円引きのサービスがあるよ。

                    詳しくは、錦川鉄道株式会社HPで!
                    http://nishikigawa.com/


                    8月1日、「一日こども車掌」の様子。

                    0
                      全国各地から、沢山のご応募、ありがとうございます。
                      抽選の結果、次の2名に決定いたしました。
                      おめでとうございます!

                      高橋(たかはし) (けん)(しん)くん  (茨城県水戸市   小学4年生 10歳)

                      白石(しらいし) ()葉子(よこ)さん(山口県周南市  小学2年生  7歳)


                      選ばれた小学生2名の方は、8月1日(水曜日)に、SL「やまぐち」号で車掌業務を体験されました。

                      ◆「一日こども車掌」の様子

                      セレモニーでは、駅長さんが任命証を交付。地元山口のテレビ局や新聞社の記者さんにインタビューされました。


                      車掌帽とたすきを身につけて。 



                      車内放送や車内改札も体験。




                      降りて行かれるご乗客の皆様に、「ありがとうございました。」と、一日中、”車掌さん”らしい、お二人でした。


                      << | 2/2PAGES |